グルメ・カフェ情報

一心亭 〜 広島で味わうことのできる本格チャンポンは、かつての名店の味を思い出させる(広島市西区)

投稿日:2016年7月14日 更新日:

北海道ラーメン「はせ川」さんのオープンでタンメンをいただくと、ほど近くに店を構える「一心亭」さんのチャンポンのことを思い出さずにはいられません。

近くにオープンした「はせ川」さんの情報はこちら。

はせ川 〜 北海道ラーメンが有名店、老舗店と軒を並べる観音エリアに登場。(広島市西区)

店の前を通るときに必ず感じる強烈な獣臭。

とんこつスープの期待をあますところなく届けてくれるチャンポン麺を食べたくなって、行ってきました。

一心亭 〜 広島で味わうことのできる本格チャンポンは、かつての名店の味を思い出させる(広島市西区)

一心亭 ファサード

強烈な獣臭

昭和を感じさせる中華料理店の様相は、いつでもその期待を高めてくれます。

先述の通り、店の前を通るときに否応なしに感じる獣臭は、きっと濃厚なとんこつスープで出迎えてくれるに違いないという期待もまた高まるのです。

一心亭 壁面メニュー

訪問したのはお昼どき。

チャンポンランチ(チャンポン、餃子4個、小ライス)をオーダーしました。

そして、待つこと5分・・・。

一心亭のチャンポン麺

一心亭 チャンポン

濃厚なとんこつスープに、野菜たっぷりのチャンポン麺。

麺もこの通り、王道中の王道を行くストレートさです。

一心亭 チャンポン麺

一心亭 チャンポン

実は一心亭さんにやってくるのはこの時がはじめて。

「おいしくてスギさんがハマるのは間違いないから」と多くの方に勧めてもらっていたのですが、何年越しになるのだろうというくらいの初訪問に、もっと早くに来ればよかったという後悔が先立ちました。

それほどにおいしいのです。

特に、スープ。

今は亡き、横川のあのお店を

冒頭から書き続けている通り、スープの濃厚さはその強烈な獣臭からも期待ができるわけで、実食をしてそれが間違っていないことはよくわかりました。

そして、その濃厚さとともに記憶に蘇ってきたお店がありました。

今はすでに閉店されてしまった、横川の「八戒」。

こちらもまた、強烈な獣臭のするお店で出されていたのは、一心亭さんのそれに勝るとも劣らない濃厚なスープでした。

このスープのトップノートで、私の記憶を呼び覚ましたのです。

ラーメンとしては、中華そばとチャンポン麺との違いはあるけれども、とんこつの髄の髄までをも絞り出したとんこつスープの魅力は、今でも味わうことができるお店があることを知ってなんだか嬉しくなりました。

もちろん、このチャンポン麺もおいしいのです。

ごちそうさまでした!!

店舗情報







-グルメ・カフェ情報
-,

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.