「ほめる」ことの筋論を見なおしている
読書の鉄人、スギです。

「日ごろのおこない」って言いますよね。

これって、所作、言動ふくめて
相手にどれだけ認めてもらえているか
信頼をしてもらえているかに
大きく比例してくるって考えるんですよね。

そのための
「ほめる」ってすごく重要だな、と。

スポンサーリンク




「ほめる」ことの意味は?

筋論として
「ほめる」といえば
よくできたことや正しいことを
認めることであるとは
国語辞典にはだいたい述べられています。

確かに
「よくできましたね~」とか
「ちゃんとやってるな」というのは
ほめるということなのですが、
では、そもそも
「ほめる」側は何をほめて
「ほめられる」側は何をしたからほめられるのか、
そこのところに
「育てる」ということが
すごく重要だと考えるのです。

端的に言って
「ほめる」とは
「自分の価値観に合致した
思考や行動を評価する」
ということかと感じています。

つまり、
「よくできましたね~」というのも
「私が思っていることってそれなのよ!」
ということを認めているのであって、
それが少しずれているようであれば
指導して修正をさせる。

もしも大きく乖離していたり、
真逆のことや
とんでもないことを引き起こしそうだったら
叱るという行為につながるのかな、という。

「アナタのために言ってんのよ!」という
程度の低い叱り方の裏返しが
「ほめる」ということかもしれません。

ほめることとは、価値観の共有。

相手に身につけてもらいたい価値観を
きちんと伝えられるように
教える側もほめるという行為を
正しく身に着けたいものです。

付け加えるならば
そのほめる行為を
増幅して聞き入れてもらうためにも
日頃の関係性のありかたも
大切になってくるとも実感しています。

まあ、まれに
この程度の筋論では
びくともしない猛者がいることもまた
モノを教える者としての
精進をせねばと心得るところではあります。

さて、突然書きたくなって書き始めた
「ほめる」「育てる」「教える」
ということ。

明日ももうちょっとだけ
書き足すことにします。

スポンサーリンク