書評

目標達成のための習慣は、まず1日をデザインすることから始まる。

投稿日:2016年4月7日 更新日:

計画なくして成果なし、
読書の鉄人、スギです。

毎日、右に左にと
振り回されっぱなしの毎日の中で
何を整えたらそんな生活から解放されるんだろう、
そう思ったときにお手本となる
仕組みをみつけました。

「1日のデザイン」で行動を決めていく

以前、本をご紹介させていただいた
税理士 木村聡子(きむら・あきらこ)さん。

世田谷にお住まいのはずなのに、
気づいたらキャンプ先やズムスタにいらっしゃる木村さん。

それほどにカープ愛にあふれる
税理士さんでいらっしゃるのですが、
どうしてそんなに遠征ができるの?
そう疑問に思ったとき、
自分自身の生活を徹底的に仕組み化して
実現されているんだということが
よくわかるんですよね。

そんな木村さんの著書はこちら、
私もよく読み返しています。

1日を27時間にするために
木村さんは毎日実行されている
仕組みがあるのですが、
それがきょうご紹介する「1日のデザイン」です。

手帳にその日の行動計画を書き出して、
1日の終わりにそのとおりに行動できたかを
確認するという、
いわば「デイリースケジュールの予実管理」です。

木村さんはその様子を
ご自身のブログに公開されています。
↓  ↓  ↓
http://blog.kimutax.com/The-design-of-2-March-2016

それに倣って、私もきょうから
「1日のデザイン」をはじめることにしました。

私のきょうのデザインは、こちら。
↓  ↓  ↓
IMG_3806

私の場合、ネットにアップするのは
今のところきょうだけのつもりですが、
毎日計画的な行動をおこなって、
その振り返りをおこなうことが
目標達成のための習慣であると
強く誓うのです。

きょうご紹介した、金村秀一さんの著書とも
遠からず関係性がありますしね。

我が身を律するためにも
計画と振り返りを繰り返す。

その泥臭くて地道な行動が
大きな成果へつながると信じてやみません。

なにごとも習慣です。







-書評

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.