情報発信

外食をするときに心がけている、ひとつの信条について。

投稿日:2016年3月29日 更新日:

職業柄、外食には目のない
読書家ビジネスマンのスギです。

かなりの頻度で外食をする機会のある私は、
摂取カロリーや栄養面で
もっと気にかけなきゃいけないなあ、と
猛省を繰り返す日々を送っています。

そういう気持ちになるにつけ
外食のあり方と関わり方には
いつも考えさせられます。

外食を選ぶ理由には
手短に済ませたい、
友達と楽しく食事をしたい、
うちでは食べられないものを食べたい、
などなど、
TPOによっていろいろなものがありますよね。

もちろん、
安心で安全な食事をしたいのは
誰もが当たり前に思うもの。

このご時世ですから、
お店を営む側にしても
利益優先で粗悪な商品提供を
するところというのは
自然淘汰されていくと
感じています。

そして、最近は
接客サービスや衛生面も
お店の評価に直結します。

美味しい料理を提供していても
ちょっときたない店構えだったら
それが原因でネットに晒されることも
当たり前の世の中。

業界のみなさんには
本当に苦労の絶えないことと
深く察するものです。

私が外食をするときには
できるだけ大手のチェーン店には行かず、
地元のお店に行くようにしています。

地域活性を少しでも願ってのことと、
自分だけが知っているお店があるのって
なんだかワクワクしません?

そう考えると
食の安心、安全は
そういうお店のほうが
大手のチェーン店と比較すると
もしかすると劣っているかも知れません。

そんなちょっとしたポリシーを持って
ひそかにInstagramや
Facebookのグループページに
食事の写真を載せていたりするのです。

「おいしかった」のその先にある
誰かに宛てた感謝と提供も
そこにあるのが私の信条です。







-情報発信

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.