人間分析

不惑の大台に乗って見渡す、人生観の置き場所をここに。

投稿日:2015年6月25日 更新日:

やってきました、40歳です。

 

気づけばあっという間のような、

でもそうでもないような。

 

この1年は特に人生における

パラダイムシフトの連続だったこともあり

考え方によっては

自分の価値を冷静に見つめることができたうえで

この大台を迎えることができたのは

本当にラッキーとしか言いようがないし、

私を支えてくださっている

多くの方々に感謝してもし尽くせないほどです。

 

人生においても社会人生活においても

踊り場と言われる40歳。

 

そのステージにたった今、

私が何を思い、どう生きようと考えているのかを

きょうは残しておくことにします。

価値観の置き場と覚悟の決め方

この話をどこから語るにしても、

昨年8月の豪雨土砂災害に被災したことが

私の価値観を根底から覆したのは

言うまでもありません。

 

あと数分の時間のズレがあったら、

あの日、あの時間に帰宅していたタクシーもろとも

土石流に流されていたか、もしくは

道路の陥没に巻き込まれていたかも知れないと思うと、

一度死んだ気になれるというものです。

広島豪雨土砂災害から8ヶ月、またあの日がという恐怖との背中合わせ

(ブタヅラなりの結論。-2015年4月20日)

そうであれば一度は失ったこの生命、

これからどう輝かせようかと考えるときには

利己的な意識は微塵もなくなり、

どれだけ多くの方に感謝される人間でいられるか

多くの方に仕える人間でいられるか、

そして、そのために自分自身が高められる価値は何なのか

そこにフォーカスできるようになったのです。

速稼塾とRead For Action

避難生活をしていた1月末に、

速稼塾の久保徹朗さんを訪ねました。

 

サラリーマンとして暮らす私に

ビジネスマインドを中心とした

これからの時代の生き方、価値観の学びを受けました。

 

もともと私自身が意識していた経営者思考と

私のスキルを活かせる場がそこで紐づくと気付き、

「ひとりで稼ぐ」という教えを胸に

生き方、働き方のマインドシフトを起こしました。

 

久保さんとの出会いをきっかけに、

私自身が何を糧にすることで、

多くの人に喜んでもらえるのか。

 

その考えの果てに、

「Read For Action」と出会ったのです。

 

読書は生涯教育になり得ます。

そのなかで、読書をする人が減ったとはいえ、

読書が好きな人は一定数います。

 

そして、

この「Read For Action」では、

本を読んで対話をし、そして行動に移すという

読書会を開催します。

 

かつて、

本を通じて対話を繰り広げた人たちが

あたらしい時代を築く担い手となったという談話を

聞くことがあります。

 

それであるならば、

「Read For Action」を通じた読書会で

生涯教育に留める読書ではなく

自燃性の高い人たちとともに

あたらしいきっかけを見つけあい、

ともに成長することを望みたい

そう考えるようにもなりました。

 

会社員として勤める私の働き方にも

これはプラスに作用しています。

 

解釈の基準とベクトルは

自分がコントロールできるかぎりは

多ければ多い方がいい、そう思うからです。

利他の精神、そして

私自身の成長も望みながら、

私に関わる皆さんが

もっとステキで

より豊かな暮らしを手にするための

私ができうる限りのお手伝いをすることで

そういった方々と将来に渡ったお付き合いこそが

私がこれから大切にすべき価値観だと

考えています。

 

40歳になったきょう、

この思いをここに残しておいて

ときどき振り返りたいものです。

 

「私が接する人々の、

 より豊かな人生への目標達成の力となること」

(ぱらっとワークス 運営理念)

 

最近知り得たこの言葉を胸に、

これからの人生を送る所存です。

 

最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

みなさんとともに、

私も輝ける人生が送れることを

心から強く願っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり) 【エリア】広島県広島市 【どんな人?】 読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。 あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-人間分析
-

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.