読書する少年




情報発信

YouTubeで書評動画を公開するコンテンツ「よむタメ!@スギ」をはじめます。

投稿日:2015年4月16日 更新日:

先日の「リーディング・ファシリテーター養成講座」の最後に、講座後のベイビー・ステップ(はじめの一歩)として決めたことに「講座の振り返り」をします、と宣言。

その後の懇親会の席で、講師のくっきーさんと「くっきーさんが公開されているYouTubeページのコンテンツを、私もやっていいですか?」と尋ねたところ快諾!

というわけで、講座の振り返りをしながら、私も「よむタメ!」を始めるぞ、と改めて決意した次第です。

で、そもそも「よむタメ!」何?という話なのですが・・・。

読む+エンターテイメント

くっきーさん自らがフォトリーディングした本を1分間で紹介するという内容で、あくまでもエンターテイメントとして楽しんでいらっしゃるのはくっきーさん自身。でも、それでも動画をきっかけに読んでみたい!と思える本は私にも数多くあり、そういう意味ではエンターテイメントの提供でもあるんですよね。

百聞は一見にしかず。下記のサイトをご覧くださいな。

Hirotsune Kukita(YouTubeチャンネル)

祝!【よむタメ!】再生回数7万回!(久木田裕常オフィシャルサイト)

私自身、フォトリーディングを(独学ですが)身につけているので(できているかどうかはアレですが)、それに加えてRead For Action読書会の中で行う「1分間で本を紹介する」という内容を磨き上げるために、やってやろうじゃないか!というわけです。

これは、くっきーさんともお話したのですが、全国に多数いらっしゃるくっきーさんを中心にした読書メンバー間で、全国に「よむタメ!」が普及していくのもいいですよね〜、と。読書会を通じて、ますます読書が楽しくなってきている今日このごろです。

手持ちの書籍は100冊くらい

電子書籍と紙の書籍で手持ちに100冊あるので、これに新刊をおりまぜながら今年中には150コンテンツくらいは用意したいなー、と計画中。最近はもっぱらビジネス書しか読んでいないので、小説にも挑んでいきたいところです。これはもう、完璧に今回一緒にファシリテーター講座を受けたみのっちの影響だ!

最近、YouTubeをつかったコンテンツを創造するのが面白いので、なんでも果敢に行ってしまいそうです。まあ、このあたりのノウハウも少しずつ出していきますよ。







-情報発信
-

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.