アンティーク時計




社会分析

「時間をお金で買う」という感覚と「組織隆盛」「人材育成」の相関関係

投稿日:2015年4月15日 更新日:

経営論を学んでいると、「時間をお金で買う感覚を身に着けなさい」というのは当たり前にアプローチされます。

自分自身が有する独自資源を磨いたり、それを広めることに時間を費やすために、では何をそぎ落としていけばいいのかと考える時に、「自分よりも得意とする人に、付帯する仕事をお願いしなさい」ということなのですが、これがなかなか難しい。

何でもかんでも自分で片付けるほうが手っ取り早いし、仕上がり精度の見積通りに(だいたいは)着地したアウトプットに至ります。

しかし、それだと本来やるべき自分が有する独自資源の価値が下がったり、部下に対してだと部下の成長を阻害することにもなりかねません。

つまり、「時間をお金で買う」というのは、「何でもかんでも自分でやりゃいいってもんじゃない」という話でして。

仕事を振れるリーダーが良いリーダー

部下を持つ上司ならば、その育成のために精度のレベルが下がることを承知でも仕事を割り当てていかないといけないし、その精度をより高くするためのアドバイスをすることが本来の仕事になります。

また、中小企業の経営者ならば、自らのブレーンに会社の運営と繁栄を目的として「本来、自分がやらなくてもよい仕事」をアウトソーシングする目利きが重要になります。

そうなると、なんでもかんでも自分自身で解決しよう、自分じゃないとよくならないとひとりよがりになっている時点で、その組織や企業は膠着して発展は望めなくなります。

だからこそ「時間をお金で買う」ということは、その延長上に「やらないことを決める」ことの重要性もはらんでいて、ではそれをどのような期間、どの程度の費用で解決するかを判断してコミットすることに帰着するわけです。

ついつい「ポジティブ自立」な私なんて、きちんと仕事を外に投げ出せないジレンマに陥ることがあるのですが、この点は部下のため、組織のためを思って正しくジャッジしないといけないですね。







-社会分析

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.