ブロガー・スギによる、ぱらっと本を読む感覚でブログ情報発信での楽しみ方をお伝えしています。

スギぱら 〜 広島発!食・学・働を楽しくするヒント集




IT関連情報

アップルは時計をつくろうとしている。「Apple Watch」予約開始狂想曲。

投稿日:2015年4月10日 更新日:

いよいよ予約受付が開始された「Apple Watch」。

Apple信者の私としても興味はあるのですが、今回の購入は静かに見送るところです。使い方やなにに使うのかは触ってみないとわからないので、そのあたりのイノベーション部分を先駆者に託す意味も含めてですね。

とはいえ、すでに手に入れて使っていらっしゃる方の評価を見ると期待は高まりますね。

iPhoneを触る時間が減る?

すでに「Apple Watch」を使っている方のレビューを見ると、総じて「iPhoneを触る時間が減った」という評価を目にします。

つまりどういうことかというと、iPhoneと同期してデータの行き来があるApple Watchだから、iPhoneに届くメッセージや通知がその都度Apple Watchに表示されるので、届いた通知のプライオリティに応じて返信や応答のタイミングを変えることができるという話。要はポケットの中で着信音が鳴ったりバイブレーションが鳴動しても、わざわざiPhoneを取り出さなくてもいいということです。

これは確かに便利かもしれない。

Appleは時計を作りたがっている

そういう意味では単なるウェアラブルデバイスとしてではなく、iPhoneを介することでの新しいコミュニケーションデバイスと考えてもいいのかも知れないけれども、それにしてはお値段がそれなりです。

これについては身近のアップルに詳しい方が話を聞かせてくださって、「アップルは『時計』をつくろうとしている」というのです。

それだけ聞いたら意味を理解できなかったのですが、つまり「時計はその個人のステータスで、高額な時計になればそのステータスは極まる。アップルはそのステータスシンボルをつくろうとしている」ということだそうです。へえ〜。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」でよく見かける、高額の買い物をするアレに出てくる品物に近づきたいと考えているのでしょうね。

今回はひとまず様子を見ながら、今後の購入の是非を考えてみたいところです。







-IT関連情報

Copyright© スギぱら 〜 広島発!食・学・働を楽しくするヒント集 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.