日常

ピアノを弾く娘に触発されて、人間の成長を再確認した日。私ももう一度ピアノプレイヤーを目指そうと心に決めた夜。[スギコラム]

投稿日:2017年9月18日 更新日:

日々の暮らしを振り返って。

きょう出会ったあなたやできごとへのメッセージをお伝えするスギコラム。

2017年9月18日は、こんなお話です。

ピアノを弾く娘に触発されて、人間の成長を再確認した日。私ももう一度ピアノプレイヤーを目指そうと心に決めた夜。[スギコラム]

5歳になる娘がピアノを習いはじめて約半年が経ちます。

そんな娘がきょう、通っているピアノ教室による「おさらい会」に出演するとあって、区民センターの大ホールへと足を運びました。

娘のレッスンには何度か立ち会っていて、初期の頃はうまく弾けないイライラを態度にあらわしていたのがいつの間にはピアノにきちんと向かうようになって、きょうのホール出演では母親と一緒に連弾をするにまで至っていました。

もちろん、きょうを迎えるまでの練習風景やレッスンも見てきてはいるものの、実際に多くの方を前にホールでピアノ演奏をするというのはなかなかできる体験ではないわけです。

物心にどう残るかはさておき、子どもの成長においてはいろんなことをたくさん経験してもらう場を整えることが親の務めと考えています。

その中でのきょうのホール演奏は、回り回って私のこころに火を付けました。

かつて、学生時代に独学でピアノ演奏をしていた私に、もう一度ピアノプレイヤーとして弾けるようになるんだという想いが生まれまして。

さっそく自宅にあるピアノで練習開始です。

うん、でもやはり早く身につけようとおもうなら、レッスントレーナーをつけるに限りますね。

自分でやり方を見つけるよりも、できる人に教えを請うというのは何においても変わりはないということですね。

きょうも「スギぱら」に来てくださって、ありがとうございます。

このビデオカメラで、娘の経験をたくさん残していく父親でありたいものです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり) 【エリア】広島県広島市 【どんな人?】 読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。 あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-日常
-

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.