日常

盆だろうが正月だろうが、仕事に誇りを持つからこそ全力で働くことができる。[スギコラム2017.0814]

投稿日:2017年8月14日 更新日:

日々の暮らしを振り返って。

きょう出会ったあなたやできごとへのメッセージをお伝えするスギコラム。

今夜は、こんなテーマです。

盆だろうが正月だろうが、仕事に誇りを持つからこそ全力で働くことができる。[スギコラム2017.0814]

テレビを見れば高速道路の渋滞状況が飛び込んできて、お盆の風物詩とはいえそれはそれで大変なものだと感じます。

一方で、盆も正月も関係なくお仕事をされている方も多くいらっしゃって、そういう方があるから日々の生活が滞りなく過ごせていることを感謝するところでもあります。

よく、今ある仕事はロボットに置き換わっていくという煽り記事を見かけることがありますが、アレはアレで間違っていないとは思うんですよね。だからこそ、ロボットに置き換えられない仕事ってなんだろうかと、じぶんの才能やら技術やらを磨く努力というのは、それこそ盆だろうが正月だろうが、四六時中おこなっておくといいんですよね。

情報の感度を高くしておかないと、いい情報も目の前をさっそうと通り過ぎていってしまいますからね。チャンスを見つける努力は、日頃からの情報収集の感度を高めることですよ。

そうやってじぶんのやっていることに誇りを持ってさえいれば、ロボットに打ち勝てるだけの腕前を持てるんじゃないのかなあ、と。

だからこそ、定期的なアウトプットでブログを書くことにものすごく意味と意義があるんです。

きょうも「スギぱら」に来てくださって、ありがとうございます。

脱水症状になりながらも、きょうも元気に働いています。







-日常
-

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.